KANADEN CORPORATION
Powered by Google
 
PRIVACY POLICY SITE MAP
株式会社カナデン
HOME 事業概要 商品情報 会社情報 IR情報 採用情報 お問合せ ENGLISH 中文
グループ理念 会社概要 沿革 役員・組織 ネットワーク拠点 国内・海外関連会社 許可・登録 環境への取り組み 品質への取り組み
会社情報
環境への取り組み
環境理念・方針

 カナデングループは、クリーンな地球を次の世代に引き継いでいくことがわれわれの使命と認識し、「環境経営」を重要な経営課題のひとつと位置づけ、企業活動のあらゆる面において持続可能な社会の発展のため、地球環境の保全と調和に取り組みます。
1. 環境保全活動
(1)環境配慮型商品の拡販にとどまらず、お客様の環境ビジネスに最適なソリューションを提供すること
  により、低炭素社会と循環型社会の形成に寄与します。
(2)当社グループの従業員およびその家族は、省エネルギー・省資源・廃棄物の適正管理を推進し、環
  境負荷の低減に努めます。
(3)人と自然との共生のため、生物多様性に配慮した環境保全活動に取り組みます。
2. 環境関連法規の遵守
環境関連法規と当社グループが同意する環境に関する外部からの要求事項を遵守します。
3. 継続的改善
環境保全にかかわる意識向上に努め、環境マネジメントシステムの維持向上を推進します。
        制定 平成24年4月1日
        株式会社カナデン
このページのトップに戻る
社会貢献活動
「企業の森」活動
カナデンは、東京都並びに公益財団法人東京都農林水産振興財団が推進する「企業の森」活動に参画しています。
これはカナデングループ理念に掲げる「地球環境の保全と調和」を実現するための一環として、東京都青梅市柚木の森林を対象とし、花粉の少ない杉を植栽する活動です。
調印式
2010年8月26日(木)
「企業の森・カナデン(青梅)の森林整備に関する協定書」を、公益財団法人東京都農林水産振興財団並びに森林所有者2名との間で、締結しました。
第一回植樹会
2010年10月23日(土)
JR青梅線「沢井駅」近くの「企業の森・カナデン(青梅)」は「櫛かんざし美術館」に面した森の中にあります。
植樹会当日は、快晴に恵まれ、グループ社員とその家族総勢53名が普段は使わない鍬(トンガ)を片手に、足場の悪い斜面で、コナラ、コブシ、ナナカマドなど広葉樹12種類、260本をNPO法人「森づくりフォーラム」の指導の下、約一時間かけて植えました。
各自、木片で作った「ネームプレート」に自分の名前を書き、「早く大きくなり、地球温暖化防止に役立ってね」との祈りを込め苗に取り付けました。
第二回植樹会
2011年4月16日(土)
昨年秋の広葉樹に続き、今回は森づくりのメインとなる針葉樹の植樹会を開催しました。
春の汗ばむ陽気の中、グループ社員とその家族総勢44名が参加し、今回もNPO法人「森づくりフォーラム」のご指導により、花粉の少ない「スギ」790本・「ヒノキ」200本を植樹しました。
開始前までは990本もの苗木を当日中に植えきれるのかと心配していましたが、いざ植樹が始まると手馴れた経験者のスピーディな働きもさることながら、参加者全員が一心不乱に勤しみ無事全てを植えきることが出来ました。
終了後は参加者の汗にまみれた清々しい笑顔が印象的でした。
第一回下刈イベント
2011年7月30日(土)
4月に植樹を終えた「企業の森・カナデン(青梅)」において、初めての下刈をおこないました。夏の炎天下での作業を想定していましたが、あいにくの雨模様が幸いし曇天ながらほどよい作業環境となりました。作業中は心配していた蜂も現れず、グループ社員と家族の総勢55名が、慣れない大鎌を振るい汗まみれとなって作業を進めました。作業を終えたグループから鎌研ぎも経験し、無事に予定作業を終えることができました。作業後は、バーベキューをし和気あいあいとした雰囲気の中で参加者のコミュニケーションを図りました。
第二回下刈イベント
2012年9月1日(土)
木々の成長を覆い隠すかのように雑草が茂った「企業の森・カナデン(青梅)」で、第二回下刈イベントを実施しました。当日は朝から激しい雷雨でしたが、集合時間にはすっかり雨も上がり、強い日差しを受けての作業となりました。グループ社員とその家族総勢88名が力を合わせて奮闘し、みるみる草が刈られていきました。今回は初参加者も多く慣れない大鎌での作業でしたが、心地よい汗と爽快な気分に包まれ無事に作業を終了しました。 幸いにも作業後に降り出した大粒の雨を横目に、バーベキューとピザでお腹を満たしながらグループ社員と家族の交流を図りました。
第三回下刈イベント
2013年6月1日(土)
梅雨シーズンの到来を前に、企業の森・カナデン(青梅)で毎年恒例となった下刈を実施しました。今回も89名という多数の参加があり、最終的には下刈作業班と箸作り親子班に分かれての開催となりました。下刈は総勢53名により初夏の陽気の中、一生懸命大鎌をふるい雑草をきれいに刈り取りました。親子班は、多摩産材による箸作りで親子の絆を深めました。作業後の昼食は全員で楽しくバーベキューを頬張り、笑顔いっぱい・お腹いっぱいで帰路につきました。
公益財団法人 東京都農林水産財団
http://www.tokyo-aff.or.jp/

藤前干潟を守る会
藤前干潟は名古屋市の南、伊勢湾に残る最後の大規模干潟です。その面積は東京ドーム68個分に及びます。水鳥の生息地として重要な湿地の生態系を守ることを目的とした「ラムサール条約」に2002年、登録されています。

中部支店では環境保全活動の一環として、NPO法人「藤前干潟を守る会」の賛助会員になりました。社員や家族がこの活動への参加を通して、クリーンな地球を次の世代に引き継ぐことの大切さを実感することが出来ればと考えています。

 

藤前干潟を守る会
2012年10月27日(土)
初めての活動として家族を含む14名が、「藤前干潟クリーン大作戦」に参加し、他のボランティア団体と一緒に庄内川・新川の護岸清掃活動をしました。当日は秋晴れの中、2時間弱の作業でペットボトルや弁当の容器等を回収しましたが、中でも発泡スチロールの破片の多さにはびっくりしました。清掃後には、普段は立入禁止である干潟の観察会に参加し、ハゼやカニ等の生物を見つけては夢中になっている子供たちを見て、この活動の素晴らしさを実感しました。


写真提供:NPO法人 藤前干潟を守る会
 
 
このページのトップに戻る
 
管理体制
 
このページのトップに戻る
copyright 2004.KANADEN CORPORATION.ALL Right Reserved.