会社情報

コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンスに関する基本的な考え方

当社は、取引先・株主・従業員・社会という全てのステークホルダーに支えられた存在であるとの基本認識のもと、上場企業としての社会的使命と責任を果たすため、経営の行動・運営方法が公正・公平かつ透明であり、法令を遵守するものでなければならないと考えております。

取締役会

取締役会は、迅速かつ的確な経営判断がなされるよう、社外取締役2名を含む8名で構成しており、2ヵ月ごとの定例取締役会のほか、必要に応じて臨時取締役会を開催しています。また、業務執行取締役で構成する経営会議を取締役会の補助機関として設置し、原則週1回、経営に関する重要事項について審議・意思決定を行っております。
さらに取締役および執行役員で構成する執行役員会を毎月1回定期的に開催し、業務執行内容の報告を求めるとともに、経営の意思決定が的確に業務執行部門に伝わる仕組みとしております。

監査役会

監査役会は、社外監査役3名を含む4名で構成され、監査役会が定めた監査の方針に従い、取締役会・執行役員会その他重要な会議に出席するほか、取締役等からその職務の執行状況を聴取し、重要な決裁書類等を閲覧するなどの監査をしています。また、本社および主要な事業所において業務および財産の状況を調査し、必要に応じて関係会社から営業の報告を求めるなどの監査を実施しています。

執行役員

当社は、機動的な業務執行を確保するため、執行役員制度を導入しております。
この制度は株主の皆様の信認を得て、当社定款にも規定しているものであり、現在、12名の執行役員が業務執行部門の統括責任者を務め、中期経営計画の達成に向けて効率的かつ迅速な業務執行をしています。

会計監査人

当社の会計監査人は有限責任監査法人トーマツです。公正かつ独立的な立場から当社の会計監査を実施しています。

内部監査

当社は、内部監査部門として監査部を設置し、監査部長を含む5名体制で業務執行から独立した立場で各事業部門の事業運営活動が法令、定款、社内規程ならびに会社の経営方針や事業計画に沿って行われているかを検証し、各事業部門に具体的な助言・勧告を行うことにより、会社の健全性の保持に努めています。内部監査は年間計画に基づき実施され、その結果は代表取締役ならびに監査役に報告され、実施状況・結果を経営者が把握するとともに、対象部門の執行役員がフォローアップを実施しています。

指名・報酬諮問委員会

当社は、取締役および執行役員の指名・報酬に関する手続の公正性・透明性・客観性を強化し、コーポレートガバナンスのさらなる充実を図るため、2018年度から指名・報酬諮問委員会を設置しています。指名・報酬諮問委員会は、社外取締役2名を含む取締役3名で構成しており、取締役および執行役員の選任・解任(解職)および報酬ならびに後継者計画の策定・運用に係る事項等について取締役会または代表取締役からの諮問を受け、委員会において審議・答申を行っています。

コーポレートガバナンス体制図