オリコン自動倉庫+AGVシステム一式

株式会社ナリス化粧品様

株式会社ナリス化粧品様では、化粧品市場の拡大に伴う生産量の増大により、新工場を建設することとなりました。しかし、化粧品は「多品種少量生産」という特性があるため、限られた空間のなかで、いかに生産量を効率的に最大化させられるかが課題となります。また、同社にとってAGV(Automated Guided Vehicle:無人搬送車)の導入は初めての試みであり、初期投資を抑えつつカスタマイズが容易なシステムを、という要望がありました。
これに対して、当社は、株式会社豊田自動織機のユニット式パレット用自動倉庫「ラックソーターB」と廉価版AGVを組み合わせたシステムを提案。このシステムにより、省力化・効率化が実現したばかりでなく、従来の製造工程に比べて生産ラインの能力が大きく改善しました。
また、従来は仕掛品(製造途中の製品)の在庫管理はパレット単位でしたが、QRコードの活用により個装単位での在庫管理が可能となり、生産性・品質の向上に寄与しています。