株主・投資家情報

ディスクロージャーポリシー

1.情報開示の基準

当社は、公明正大な経営を目指し、法令を遵守することはもとより、社会規範を尊重し、良識ある企業活動を心がけるとともに、株主・投資家の皆様に対し適時適切な情報提供に努めます。
金融商品取引法等(以下、「金商法」)および東京証券取引所(以下、「取引所」)の定める適時開示規則に沿ってディスクロージャーを行います。

2.情報開示の方法

取引所規則に定める適時開示が必要となる場合は、取引所への事前説明後、取引所の提供する適時開示情報伝達システム(以下、「TDnet」)に公開し、速やかに当社ウェブサイトにおいても公開します。
また、適時開示規則に該当しない情報につきましても、株主・投資家の皆様にとって有用な情報については、当社ウェブサイトにおいて広く情報開示することとします。

3.業績予想及び将来情報の取扱い

当社が開示する業績予想、戦略、方針、目標のうち、過去又は現在の事実に関するもの以外は、現時点で入手可能な情報による判断および仮定に基づく将来の見通しであり、実際の業績等は様々なリスクや不確定要素の変動および経済情勢等によって異なる結果になる場合があります。

4.沈黙期間

当社は、決算情報の漏洩を防ぎ、情報開示の公平性を確保するため、各四半期の決算期日の翌日から決算発表日までを沈黙期間に設定します。
沈黙期間は、決算に関する質問への回答やコメントを差し控えております。ただし、沈黙期間であっても、すでに公表された情報、公開・公知となった情報および沈黙期間中にTDnetを通じて開示した情報に関する質問等には対応します。