サステナビリティ

E(環境)

環境保全へのアプローチ

環境方針

カナデングループは、クリーンな地球を次の世代に引き継いでいくことがわれわれの使命と認識し、「環境経営」を重要な経営課題のひとつと位置づけ、企業活動のあらゆる面において持続可能な社会の発展のため、地球環境の保全と調和に取り組みます。

  • 環境保全活動

    • 環境配慮型商品の拡販にとどまらず、お客様の環境ビジネスに最適なソリューションを提供することにより、低炭素社会と循環型社会の形成に寄与します。
    • 当社グループの従業員およびその家族は、省エネルギー・省資源・廃棄物の適正管理を推進し、環境負荷の低減に努めます。
    • 人と自然との共生のため、生物多様性に配慮した環境保全活動に取り組みます。
  • 環境関連法規の遵守

    環境関連法規と当社グループが同意する環境に関する外部からの要求事項を遵守します。

  • 継続的改善

    環境保全にかかわる意識向上に努め、環境負荷低減に資する取組みの継続的な改善や維持に努めます。

あるべき姿
  • 事業活動で使用する電力を100%再生可能エネルギーで調達する。
  • 事業活動におけるゼロエミッション(OR廃棄物削減)、カーボンニュートラルを実現。
  • 省エネ機器や再生可能エネルギービジネスの拡大による低炭素社会、循環型社会の実現に貢献する。
現状の取り組み
  • 環境負荷の削減

    環境マニュアルに基づく省エネルギーの推進、社内設備の省エネ機器の導入推進

    全社ペーパレス化に向けた設備投資

    ハイブリット車導入によるCO2削減

  • 省エネ関連製品、エネルギービジネスの取扱い拡大

    環境/システムアドバンス

  • 自然環境の保護

    企業の森、植樹活動、里山保全活動など地域の取り組みへの積極的な参加、活動支援

環境問題への活動

環境負荷削減

本社事務所の移転に伴い、対象範囲が大幅に増加しましたが、照明器具のLED化や事務機器の削減、節電活動の継続により今年度目標を達成しました。
本社事務所の移転や関西支社事務所の改装に合わせてペーパーレス化を進め、大幅な削減となりました。
営業車のハイブリッド車導入を進め、ガソリン使用量の削減につながりました。

環境/システムアドバンス

当社では、「低炭素社会」や「循環型社会」の実現に貢献するため、環境・エネルギービジネスを推進しています。また、お客様の企業価値向上を通じ、産業界の発展に寄与するため、高付加価値システムビジネスを推進しています。
環境・エネルギービジネスは、太陽光発電機器の販売回復と交通インフラ整備に伴う蓄電池需要拡大により昨年度の落ち込みから脱し実績は回復しました。また、高付加価値システムビジネスは、お客様の省人化に貢献するビジネスが大きく伸長しました。

環境・エネルギービジネス

基本施策

今後も成長が見込まれる環境負荷低減に貢献する商品を中心にビジネス拡大を図る。

主な商品

  • LED証明
  • 太陽光発電システム
  • リチウムイオン蓄電池
  • 電気自動車急速充電器
  • ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)用機器

高付加価値システムビジネス

基本施策

ロボットやAI、IoTの活用により省人化、効率化を実現するソリューションビジネスの推進を図る。

主なソリューション

  • ロボット導入による製造工程の自動化
  • IoTやセンサを活用した設備の予知保全
  • ビルマネジメントシステム導入によるビルの快適化
  • AI、画像解析技術おを駆使した分析の効率化
  • 組込用無線モジュールの提供による製品開発期間の短縮化

生物多様性保全

  • 本社(首都圏)

    東京湾グリーンボランティア

    東京都立東京港野鳥公園で竹林整備による環境保全活動を行いました。

  • 東北支店

    七ツ森里山保全活動

    森林作業による七ツ森里山保全活動に参加しました。

  • 九州支店

    春の里山保全活動(油山)

    福岡市民の森油山自然観察の森で、森林整備活動に参加しました。

  • 中部支店

    藤前干潟クリーン大作戦

    ラムサール条約を結んでいる藤前干潟のクリーン大作戦を地元企業、住民の皆様と実施しました。

  • 本社(首都圏)

    カナデンの森

    植樹から10年目を迎え、立派な森に成長しました。